新規ページ



額は十分なほどな人なんてあまり

現代の日本には大きく分けて2種類の人がいます。一つは貯蓄が十分にあるケースであり、もう一つは貯蓄が十分ではない人ケースです。このような差が生まれる背景には収入の違いを挙げることもできるのですが、実際にはそれだけではないと考えるのが妥当です。具体的には多くてもすべて使い果たしてしまいためることができない高所得者がいるという話を聞くことがあるからです。その反面どんなに収入が少なくても節約をして貯めることができる生活スタイルの持ち主もいるのです。そのため収入量だけが貯蓄金額の有無を決めるのではないのです。 一方で年齢相応な貯蓄を持っている人がどの程度いるかを調べてみると、約半数は十分な貯蓄を持っていないという調査結果があります。最も収入の少ない層の方が十分に貯蓄が出来ていない割合が高いので、収入の金額が貯蓄に影響しているというのは真実であると言えるでしょう。しかし少ない貯蓄でも上手に金融商品を活用して資産を伸ばしているケースがあるのもまた事実です。現代社会においては金融商品を如何に上手に扱うことが出来るかが重要であると言えるでしょう。 金融商品と一口に言ってもその種類には極めて多彩なものがあります。例えば最もスタンダードな金融商品としては定期預金などがありますが、この様な方法では無駄遣いは防げても大きく資産を増やすことはできません。資産を増やす運用をするためには上手に資産運用をするだけの才覚が必要になるのです。少ない元手資金でもそれを上手に増やしていくことで大きな利益を生むことが可能ですので、最初の元手となる資金をためることができるかどうかが最初の分かれ目となるでしょう。 ある程度の資産の量があれば後はそれをどう活かすかが全てです。安全第一で定期預金にしてしまえば年間0.4%の利息が付けば恩の時です。しかしより大きなリスクを取って運用することで大きな利益を狙うことも出来ます。この様にして資産は伸ばすものなのです。

貯金額が将来的に十分な人はすごいね

一昔前までは国民年金に加入をしていれば、老後の生活は安泰であるといわれていました。しかし少子高齢化や年金未納問題、世界的規模の経済の悪化など、様々な要因が重なって国民年金は実質破綻状態で・・・

詳しくは!!