新規ページ



先が見えない時代だから

不景気からの回復が見込めず、先が見えない時代だからこそ金融に関する不安ごとを抱えている人は年々増加しています。特に若い世代の人は生まれたときからバブル経済が破綻して景気のどん底で生まれ育った世代であるため、金融不安を1番感じながら成長してきた世代ともいえます。 そんな先が見えない現在だからこそ自分に出来る貯蓄術が注目を集めています。収入が少なく手持ちの貯金額も少ないという人は、まず金融商品に手をつけるのではなく、将来へ向けて少しでもまとまった貯金をする事がおすすめです。 お金がないとついつい投資信託や株式投資などの金融商品に目を向けて、少ない元手で一発逆転を狙いたいというリスキーな選択をしてしまいがちですが、まずは先が見えない時代だからこそ堅実に貯金をすることが望ましいといえるでしょう。 ある程度貯金を続けてまとまった金額が貯蓄できた場合に初めて金融商品を利用するという選択肢も考慮に入れられます。 しかし基本的には貯金額を全て使った運用をするのではなく、運用と貯蓄用と現金を分けて管理すると良いでしょう。そしてある程度自分で使える金額を設定しておくと使いすぎを防ぐことが出来るでしょう。 自分で金融商品について情報収集を行ったり、実際に様々な商品を運用する事のできる力がある人は自分だけで手続きを行う事が出来ますが、自分で出来ない人は貯金をしている銀行の信頼できる担当者と金融商品について意見を交わしあうと良いでしょう。 時代の変化と共に金利や経済の様子は変わっていくため、時代に応じた金融商品を利用すると良いでしょう。経済新聞や雑誌によく目を通し、アンテナを随時張り巡らせて堅実な貯金を行っていけば、先が見えない現在から未来にかけて着実に生活していくことが出来るでしょう。 特に自分ひとりではなく家族を抱えながら生活をしている人は責任が重大なので、一家の財産を守って次の代へ受け継ぐことの出来るように努力すると良いでしょう。

自分の身は自分では鉄則

ここ最近の日本は、「ブラック企業」と呼ばれる従業員に過重な労働を強いる企業が問題視されています。「ブラック企業」での過重労働によって過労死を引き起こすケースも少なくなく、過労死した従業員の遺族が企業を相手取って・・・

詳しくは!!