新規ページ



自分の身は自分では鉄則

ここ最近の日本は、「ブラック企業」と呼ばれる従業員に過重な労働を強いる企業が問題視されています。「ブラック企業」での過重労働によって過労死を引き起こすケースも少なくなく、過労死した従業員の遺族が企業を相手取って裁判を起こすケースも多くあります。また、「終身雇用制」の崩壊によって、安定した雇用が見込める正社員でもリストラに遭う時代になりつつあります。このような世知辛い世の中だからこそ、自分の身は自分で守るのが鉄則と言えます。特に、勤めていた会社をリストラされてしまった場合、リストラされた当日から収入が途絶えることになるため、万が一の時に備えて貯蓄をしておく必要があります。貯蓄をする際は、各銀行の「定期預金」や「外貨預金」といった金融商品を上手く活用するのが効果的です。「定期預金」の場合、満期日まで原則として引き出しが出来ないため、普通預金と比べるとより確実にお金を貯めることが出来ます。また、預金を外国の通貨で預ける「外貨預金」は、日本より高い金利が適用される可能性がある金融商品です。金融商品を上手く活用して、いざという時のための蓄えをしましょう。