新規ページ



必要な支出とそうでない支出

将来を考えたときに、個人の資産を運用したいと考えている人もいるでしょう。 個人の資産について金融商品などに運用をすることを考えるときには、将来を見据えながら生活におけるプランニングをすることが大切です。 生活のプランニングとしては、現在や将来において支出が必要になってくる資金や、そうでない資金について分類しておいて、具体的な運用に行う金融商品を選択していくことと言えます。 個人の資産は、生活に必要な資金や将来において使用する予定のある資金、余裕のある資金に分けることができます。 生活に必要な資金とは一般的な生活費の他に、病気になったときなどにおいて使うための資金が当てはまります。 将来において使用する予定のある資金とは、車の購入を検討している資金や、住宅を購入するための資金など、将来のある一定の時期になったら使う予定がある資金のことを指します。 このような将来に使うための資金については、元本が保証されている定期預金などで運用することがおすすめとなります。 余裕のある資金とは、10年以上にわたって活用できる資金のことで、国債や公社債、株式投資、外貨預金、投資信託など元本割れをする可能性があるが、収益率の高い商品に活用することが可能な資金のことになります。