新規ページ



貯金ができないって人って

生活がギリギリで苦しいのであれば、貯金はできなくても仕方ありません。まずは目先の生活を優先しなくてはなりません。しかし、貯金できない多くの人は、実は十分な収入があるケースがほとんどです。性格的な問題やどうしても散財してしまうなど、様々な理由があるでしょう。ただ、意識が少しだけ変れば、意外とできるようになることもあります。たとえば、毎月の貯める金額をルール化することです。給料が入ったら、まずはその金額を別口座へ移してしまいます。そして残ったお金で一ヶ月をやりくりするというものです。別口座へ移してしまえば、それが貯金専用口座になり、そこからお金を減らしたくなくなります。しかし、それでもダメな人は強制貯蓄をすることです。自動積立貯金を利用すれば、勝手に引き落とされて、それが貯蓄専用口座に移ります。手間もかからずにとても楽です。あとはやはり金融知識をしっかりと身につけるべく、勉強することです。金融の学習は日本ではあまり行われていません。それだけに金融知識の浅い方がほとんどです。早いうちに貯めておけば、それに対しての利息が発生します。その利息からさらに利息が発生します。これを複利効果と言いますが、金融の基本中の基本知識です。これすら分かっていない方が多いのです。つまり、早い段階でお金を貯めておけば、より有利に資産を殖やせるのです。これだけでも知っておけば、お金を貯める意識が高まるはずです。また、様々な金融商品を利用することも必要です。リスクの高いものもあれば、低いものもあります。そのときの国や世界の経済状況によって、買うべきものとそうではないものがあります。そうした知識はなにも専門家でなければ理解できないものではありません。基本だけでも分かっておけば、確実にお金が殖えていきます。ただ、感情にまかせて大儲けしようとしては、大失敗をしてしまいます。ここでもやはり必要なのは、ルールです。結局はルールに従うことが最も大切なことなのです。

自分の収支がわかってない

最近、幾分景気は上向きになっているとは言われていますが、それを実際に感じている人はほんの一握りで、大半の一般市民は、依然増えない収入に対して出ていくお金は増えるばかりで、何とか家計を回そうと日々頭を悩ませ、金策に疲労困憊している方も少なくないでしょう。少しでもお金を増やそうと・・・

詳しくは!!