新規ページ



自分の収支がわかってない

最近、幾分景気は上向きになっているとは言われていますが、それを実際に感じている人はほんの一握りで、大半の一般市民は、依然増えない収入に対して出ていくお金は増えるばかりで、何とか家計を回そうと日々頭を悩ませ、金策に疲労困憊している方も少なくないでしょう。少しでもお金を増やそうと、金融商品を買う素人が増えているのも、やはりこの景気が大きく左右していることは間違いようのない事実でしょう。しかし金融取引に躍起になる前に、まずは自分の家計をしっかりと見直すことが重要で、ここがきちんと押さえられていない人がお金を産めるはずもありません。自分の収支をしっかりと把握できていなければ、そのような投資を行う場合、どれがつぎ込んで良いお金で、どれは絶対に使ってはいけないお金だということがわからず、気が付いたときには生活が回せないような状態に陥ってしまっていた、ということになり兼ねません。金融取引はあくまでも余裕のあるお金で、余裕を持って楽しむものなのです。